読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akio's Log

ソフトウェア開発、プロジェクトマネジメント、プログラミング、ランニングなどなど

読みたい本

book

gihyoからの新刊案内から、気になった1冊。

二次請けマネージャの教科書 (技評SE選書)

二次請けマネージャの教科書 (技評SE選書)

本書は受託開発の二次請けマネージャに求められる資質とスキルを、
元請け・二次請け双方のマネージャを経験した著者が解説します。
二次請けから見ると、元請けは無理難題を押しつけてくる存在に
感じられれますが、プロジェクトの成功のためには
元請け・二次請け双方の良好な関係が不可欠です。
対立を超えてさまざまな制約の中どのようにプロジェクトの舵を
取っていくのか、経験に基づいたノウハウをまとめて公開します。

第1章 二次請け企業に求められるもの

* 二次請け企業の重要性
* 二次請け企業の分類
* 二次請け企業に期待する技術力,管理能力,調整能力
* 二次請け人材の見せ方
* 二次請けマネージャの役割
* 頼りになる二次請け企業

第2章 好まれる二次請け,嫌がられる二次請け

* お互いに相手のいやがることをしないために
* 案件への取り組み姿勢と体制構築
* 見積り根拠と,提案内容
* 状況報告の隠し事
* 組織としての姿勢
* 交渉される側と交渉する側
* 得意技は何か?
* やはり最後は人間性

第3章 プロジェクト管理の考え方

* プロジェクト管理はとても難しい
* プロジェクト管理は人間関係
* 顧客の不満はどこから発生するのか
* 進捗管理だけなら誰でもできる
* 会議によって,モチベーションは変わる
* 成果物には注意
* 面倒な課題管理
* 変更管理によるトラブルの回避
* プロジェクト体制構築のポイント
* PMBOKについて

第4章 必要なノウハウ

* 見積りと提案
* 工程管理
* コスト管理
* トラブルプロジェクトについて

第5章 一次請け企業とは

* 一次請け企業の特徴
* 一次請けの案件獲得
* 軽い相談から始まるケース
* 複雑な体制としがらみ
* 人材の不足
* 主要ビジネスは何か
* システム開発自体では儲からない場合もある
* システムは作った後が重要

第6章 一次請け企業の強みと弱み

* 一次請け企業は強みだけではない
* 一次請け企業の弱みは二次請け企業の強み
* 組織の文化
* 一次請けマネージャの傾向と対策
* 機動力の二次請けと組織が重い一次請け
* 大企業病になってはいけない二次請け企業

第7章 考えるべきこと

* オフショア開発
* 人間関係構築

プロジェクトマネジメントの本を見ていると、どうしても元請けSIerの視点で書かれている内容が多いと感じている。
でも、うちの会社みたいな、メーカー/SIerの下請けをメインに仕事をしている地方の中小IT企業の立場では、実際に役に立つような内容って正直少ないかな、と思っていたので、この本の内容には期待できそう。

gihyoの、この本
受託開発の極意―変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)
は、良い本だったので、上の本も期待して読んでみる。